« 5/27(土)「ONDO教室」のお知らせ | トップページ | サロンづくりの第1歩 »

6/10(土)おおくぼ学校のお知らせ

2006年度 おおくぼ学校・連続講座 第1回

ソウソウミンさんに聞く!
外国人が日本で暮らすこと: 在留資格について考える。


日時: 2006年6月10日(土)18:00~
@新宿コズミックセンター (新宿区大久保3-1-2) 3F 小会議室 
会場地図: http://www.regasu-shinjuku.or.jp/sp3map.htm
参加費: 1,000 円(資料代含む)
要予約 (ただし当日参加も可)

♪ソウソウミンさん♪
1992年10月に日本へやって来たミャンマー国籍のソウソウミンさんは、2005年11月、職場に向かう途上で警察官に職務質問され、そのまま逮捕される。起訴はされずに身柄は東京入国管理局に移され収容。退去強制の手続きが始まった。東京入国管理局は「不法入国」と認定したが、ソウソウミンさんは一貫して日本国内での継続居住を望み、在留特別許可を求めた。スープの会、APFS、共住懇といった市民団体、弁護士たち、地元の人たちによる支援ネットワークが築かれ、2006年2月10日、ソウソウミンさんは子とともに在留資格「定住者(1年)」の在留特別許可が認められた。


お問合せはこちらまで:

共住懇 (代表:山本重幸)
E-mail: kyojukon@ngy.3web.ne.jp
URL: http://www.ngy.3web.ne.jp/~kyojukon/

**********************************************

2006年度  共住懇 おおくぼ学校について

第4期目を向かえた、共住懇の 「おおくぼ学校」。
今期は、なんと二本立て!!同時進行での講座となります。

第1シリーズは、文化講座です。いままで以上に大久保の文化を
深く楽しく探ります。
毎回ご好評の「アジアン料理教室」や「大久保・百人町の文学的風土」、
そして「東洋医学講座」などが、ここにラインナップされています。

第2シリーズは、全5回の連続講座・ 「いま、この人たちの話が聞きたい!
外国人支援を実践するための基礎講座」
として、外国籍住民、
支援団体スタッフ、弁護士、行政書士の方々をお招きする予定です。
共住懇の活動は、「外国からきた人と共に住むまちとは」ということを
10年あまり考えてきました。越境する暮らしとは、どのようなものでしょう?
そもそも、なぜ人は国境を越えて移動するのでしょう?彼らと共にあるとは、
どのような意味を持つのでしょうか? 
わたしたちと一緒に、学んでみませんか。

■参加費: 1000円
■会場: 回ごとに異なります。
■詳細はお問合せください(ブログ・HPで随時情報を載せていきます)。

|

« 5/27(土)「ONDO教室」のお知らせ | トップページ | サロンづくりの第1歩 »

おおくぼ学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30704/1857507

この記事へのトラックバック一覧です: 6/10(土)おおくぼ学校のお知らせ:

« 5/27(土)「ONDO教室」のお知らせ | トップページ | サロンづくりの第1歩 »