« 2006年4月 | トップページ | 2006年7月 »

6/10(土)おおくぼ学校のお知らせ

2006年度 おおくぼ学校・連続講座 第1回

ソウソウミンさんに聞く!
外国人が日本で暮らすこと: 在留資格について考える。


日時: 2006年6月10日(土)18:00~
@新宿コズミックセンター (新宿区大久保3-1-2) 3F 小会議室 
会場地図: http://www.regasu-shinjuku.or.jp/sp3map.htm
参加費: 1,000 円(資料代含む)
要予約 (ただし当日参加も可)

♪ソウソウミンさん♪
1992年10月に日本へやって来たミャンマー国籍のソウソウミンさんは、2005年11月、職場に向かう途上で警察官に職務質問され、そのまま逮捕される。起訴はされずに身柄は東京入国管理局に移され収容。退去強制の手続きが始まった。東京入国管理局は「不法入国」と認定したが、ソウソウミンさんは一貫して日本国内での継続居住を望み、在留特別許可を求めた。スープの会、APFS、共住懇といった市民団体、弁護士たち、地元の人たちによる支援ネットワークが築かれ、2006年2月10日、ソウソウミンさんは子とともに在留資格「定住者(1年)」の在留特別許可が認められた。


お問合せはこちらまで:

共住懇 (代表:山本重幸)
E-mail: kyojukon@ngy.3web.ne.jp
URL: http://www.ngy.3web.ne.jp/~kyojukon/

**********************************************

2006年度  共住懇 おおくぼ学校について

第4期目を向かえた、共住懇の 「おおくぼ学校」。
今期は、なんと二本立て!!同時進行での講座となります。

第1シリーズは、文化講座です。いままで以上に大久保の文化を
深く楽しく探ります。
毎回ご好評の「アジアン料理教室」や「大久保・百人町の文学的風土」、
そして「東洋医学講座」などが、ここにラインナップされています。

第2シリーズは、全5回の連続講座・ 「いま、この人たちの話が聞きたい!
外国人支援を実践するための基礎講座」
として、外国籍住民、
支援団体スタッフ、弁護士、行政書士の方々をお招きする予定です。
共住懇の活動は、「外国からきた人と共に住むまちとは」ということを
10年あまり考えてきました。越境する暮らしとは、どのようなものでしょう?
そもそも、なぜ人は国境を越えて移動するのでしょう?彼らと共にあるとは、
どのような意味を持つのでしょうか? 
わたしたちと一緒に、学んでみませんか。

■参加費: 1000円
■会場: 回ごとに異なります。
■詳細はお問合せください(ブログ・HPで随時情報を載せていきます)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/27(土)「ONDO教室」のお知らせ

共住懇メンバー・関根さん(あらばきのおばちゃん)より、
「ONDO教室」のお知らせです。今年の秋も大久保は熱いよ!
                               (久場 暢子)

---------------------------------------------------------

*2006年「ONDO教室」開催のお知らせ*

爽やかな季節を迎えましたが、みなさまにはいかがお過ごしでしょうか。
五月の空をわたる風に乗り、関ヶ原のむこうから箱根を越えて、
三味や太鼓や口説きの囃がきこえてきます。河内音頭の響きです。
ことしもやります! 「OKUBOアジアの祭」。
秋10月の本番にむけて、そろそろ準備をはじめませんか。
というわけで、恒例「柴山とも子のONDO教室」開催のご案内です。
柴山さんは関東で指折りの河内音頭の踊り子。
昨年、当地で、教え上手と人気をとった「ONDO教室」を、
ことしも5月から9月まで毎月1回開きます。
ふるってご参加くださるようお願い申し上げます。

第1回は、
日時: 5月27日(土)19時~21時
会場: 蓬(ほう)治療所 *下記のURLをクリックすると地図が出ます。 
参加費: 500円
主催: 新宿おおくぼまちづくりの会  
     OKUBOアジアの祭実行委員会
お問い合わせ: OKUBOアジアの祭事務局(あらばき恊働印刷内)
                      Eメール: youda@abox22.so-net.ne.jp

6月以降の日時会場は追ってお知らせします。

*蓬(ほう)治療所(新宿区百人町2-21-2)の地図。

http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=35.41.56.198&el=139.42.01.886&skey=%bf%b7%bd%c9%b6%e8%c9%b4%bf%cd%c4%ae2-21-2&pref=&kind=

| | コメント (1) | トラックバック (1)

6/22(木)上映会のお知らせ

会員の青池さんから以下のような催しのお知らせをいただきました。
「防災」、そして「多文化共生」は、共住懇の重要なテーマです。
この機会にぜひ映画を観てみてください。
そして、「わがまち」の「わがこと」として、ともに考えましょう。
                                                             (久場 暢子)

-----------------------------------------------------

みなさん
下記の催しをご案内します。
お誘い合わせのうえご参加ください。

                                                  (青池 憲司)

************************************************************

わたしたちの命と地域を大地震から守るために!
~いま、阪神大震災に学ぶ~

わたしたちのまちで、想定されている大地震が起きたら、あなたはどうします!?      
自分と家族の安全は? 隣人の救助は? 家庭と地域の再建は?
さまざまな問題が一気にふりかかってきます。
そのとき、わたしたちはなにができるのか?―――それを考える鍵が阪神大震災  
直後の住民の活動にあります。わたしたちの命を守り、被害を軽減するには何を 
すればよいのか。映像とトークで検証します。

上映作品

*記憶のための連作『野田北部・鷹取の人びと』第14部・証言篇(80分)
  監督・青池憲司/製作・野田北部を記録する会/日本建築学会文化賞
  内容=神戸市長田区野田北部鷹取地区。約300世帯、約1200人が住むこの
       地域は阪神大震災で、全壊・半壊・火災の大きな被害を受けました。
       大災害のその日、人びとは何を見、何を感じ、どのように行動したのか。
       地震からの3日間を地域の人たちが語ります。

*『阪神大震災に学ぶ~地震の備えは大丈夫ですか』国土庁企画(29分)
 内容=阪神大震災の映像や市民の声をまじえ、地震のメカニズムと対策を解説。

日時: 6月22日(木) 18時15分開場 18時45分開会~21時15分閉会
       ドキュメンタリー2作品上映のほかに、
      主催者挨拶、消防関係者のお話、青池監督挨拶があります。
会場: 大久保地域センター4階・多目的ホール
資料代:  300円(高校生以下と65歳以上は無料)
主催:   NPO新宿おおくぼまちづくりの会
お問い合わせ:  NPO新宿おおくぼまちづくりの会
          TEL 03-3209-8723  FAX 03-3200-7288

| | コメント (0) | トラックバック (1)

4/27 大久保まち歩き報告

報告が遅くなってしまいましたが、
4/27の「大久保まち歩き」の報告です。

今回は、三重県より約25人の中学生・先生方が大久保へやって来られました。
朝9時に新大久保駅改札集合・・・
うう、寒い。そして雨。
そしてコズミックセンターまでの約20分の道のり・・・
なかなかキビシイ出だしとなりました。

さてコズミックセンター会議室に到着後、山本代表より
大久保や新宿について、また外国人住民についてのレクチャー。
そしていよいよ、まち歩きです。
山本組と、おばちゃん&久場組の2グループに分かれて出発しました。
雨はだんだんと小降りになってきて、最後の方は傘をささなくとも
歩けるくらいでした。よかったー。
なにしろ細い路地が入り組む大久保のまち。
ただでさえ説明の声が届きにくいのに、傘をさしていては
やりにくいったらありゃしません。
しかし!!今回は、先日購入の拡声器を使用。
これ、ウエストポーチのように腰につけて使うもので、これからの活動に必須!と
共住懇としてはかなりイタイ出費でしたが思い切って購入したものです。
なかなか使いやすくて好評。
・・・が、しかし、スピーカーが向いている方にしか声が届かないものなんですね。
あたりまえか。
つまり、案内役が前を向いたまま説明しても、後ろを歩く人にはまったく
聞こえないということなのです。
ということは、背中にスピーカーを持ってくればいいのか・・・。
いろいろ試して、使いやすく聞きやすいやり方をマスターせねば。

「新宿って、思ってたとこと全然違った!大久保は大都会かと思っていたけど、
路地裏に住宅が並んで、ちゃんとした『まち』なんですねー。」
と、東京には初めて来たという学生さんが言っていました。そうそう、そうなんですよ。

先生から、「外国人の人権」について、事前に学習して今回のまち歩きにのぞんだと
聞きました。みなさん、どんな感想を持ったのかな。
ブログを見ていたら、ぜひぜひコメント入れてくださいね。

写真は、コズミックセンター会議室でのレクチャーと、
まち歩き中の風景(タイ食材店にて)。
10人近くでいきなりぞろぞろおしかけたのに、あたたかく迎え入れて
いろいろ説明してくださったお店の方、本当にありがとうございました。

個人的にはいろいろと「まち歩き」の改善点も新たに見えてきた回となりました。
「まち歩き案内」は、共住懇の持ち味。そして「売り」であり、強みでもあります。
さらによいものとするために、メンバーのみなさんと話し合っていきたいと
思います。

                            (久場 暢子) 

Pic_0020_1 Pic_0019_1 Pic_0018_1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

4/22 大久保まち歩き報告

4/22は、東京外国語大学の学生さんたちとフィールドワーク
を行いました。

文化通りの一画は、小さなイスラム圏のようなところ。
でも周囲は、韓国・中国系のお店も混ざって立ち並んでいます。
近くには銭湯もありますし。。。なんか、大久保は奥が深い!!

                        (山本 重幸)

04220009_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年7月 »