« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

おおくぼ学校,11月のお知らせ

       2006年度 おおくぼ学校・多文化 編ご案内

●    「なぜ、この町にアジア系外国人がやって来るの?」
 −大久保・百人町地域からアジアの歴史、世界の歴史が見えてくる−

日時: 2006年11月25日(土)、18時〜19時30分
場所:大久保地域センター (新宿区大久保2-12-7) 3F B会議室

会場地図: 
http://www.city.shinjuku.tokyo.jp/map/ookubo_toyama.htm

参加費: 1,000 円(資料代含む)
要予約:ぜひ、ご予約ください。 (ただし当日参加も可)

※お問合せはこちらまで:

共住懇 
E-mail: 
kyojukon@ngy.3web.ne.jp
URL: http://www.ngy.3web.ne.jp/~kyojukon/

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 大久保・百人町という地域は、町の歴史を知れば知るほど、新しい発見があります。
 その幾つもの顔を持った不思議さは、興味しんしん!江戸時代、鉄炮隊の大縄地であっ
たところ、大名の別荘地であったところがやがて軍閥の揺籃地、革命家と思想家の逃
避地、近代文士村、そして今は?……これは皆さんが、よくご存じでしょう!周辺の高田
馬場、柏木(現在の北新宿)も含めて、なぜ、アジア系外国人がやって来るの? これは
私たち日本人の歴史とも深く重なり合っているのです。大久保・百人町地域からアジ
アの歴史、世界の歴史が見えて来ます!この“まち”の変貌をあなたは、どう、とらえま
すか?

お話:古舘 秀子(ふるだて ひでこ)さん 文筆家
「アジサイ文章教室」主宰。新宿区在住50年。
シナリオライター、演出家としてTVドキュメンタリー、学校・企業などの視聴覚教材
を制作。
88年、「留学生のためのカウンセリングと異文化交流の会」を立ち上げる。
92年、「外国人とともに住む新宿区まちづくり懇談会」(現在の「共住懇」)を結成し、
会の初代代表を務める。

地域のミニコミ紙「大久保通りニュース」に20年間、ボランティアでコラムを書き
つづけている。また新宿高齢者「マイスター」として、子どもたちに紙芝居を見せる
活動などもしている。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »