« おおくぼ学校,1月のお知らせ | トップページ | 復興模擬訓練 »

協働カレッジ

26日に新宿区主催の「協働カレッジ[コミュニティ・リーダー養成講座]」を受講しました。
http://www.city.shinjuku.tokyo.jp/division/260100chishin/kyoudou-college/index4.htm
NPOと行政、あるいは企業等との協働におけるコーディネーターの養成講座です。

第1回はNPO研修・情報センター代表の世古一穂さんが講師でした。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~TRC/
NPOや自治体の位置づけのみならず、参加協働型社会とはどういうものか、歯切れよく解説してもらいました。
市民参加型社会を望んでいる者にとっては非常に有意義な時間を過ごしました。

・日本社会におけるNPOの位置づけ。

・公・公共・私三元論で考える。

・NPOとボランティアの違い

・NPOの自律性

・協働コーディネーターの必要性

などについて現状を厳しく批判しながら解説してくれました。

・日本ではNPOの本来の役割が外郭団体にとられていることに気づくこと。

・行政と市民との関係性における市民の自律性が必要で、市民参加の場で行政が介入しすぎている状況が懸念されるようです。

今回は新宿区民を対象にした講座ですが、区職員へ研修すべき内容であると強く感じました。

関心のある方は下記の本をご参照ください。
『協働のデザイン』世古一穂著 学芸出版刊
『「コミュニティ・レストラン」を創る』NPO研修・情報センター刊
『NPOと評価ー評価でつくるNPOパワー』評価システム研究会研究報告書
(3冊とも申し込みはNPO研修・情報センターへ FAX03-5363-9026)

(江原)

|

« おおくぼ学校,1月のお知らせ | トップページ | 復興模擬訓練 »

日々の活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30704/5136559

この記事へのトラックバック一覧です: 協働カレッジ:

« おおくぼ学校,1月のお知らせ | トップページ | 復興模擬訓練 »