« 2008年5月 | トップページ | 2008年8月 »

多文化共生ネットワーク連絡会

6月25日に新宿区しんじゅく多文化共生プラザで「多文化共生ネットワーク連絡会」が開催されましたので報告します。

連絡会は新宿区で外国人支援を行っているNGOと地域住民と行政の集まりです。

以下の内容について話し合いました。



□「しんじゅく多文化共生プラザ」の利用状況の報告

利用者数は初年度に比べ2倍になった。延べ利用者数5万5千人(外国人2万9千人、日本人2万6千人)
→実態調査報告書でアンケート回答者(外国人)の65%がプラザの存在を知らないことを指摘した。(江原)
・入管事務所の上にあるので来られない外国人がいると指摘あり。
・プラザが子どもでも使える施設になるとよい。

□新宿区多文化共生実態調査の報告
以下を参照ください。
http://www.city.shinjuku.tokyo.jp/division/261000bunka/houkoku/houkoku.htm

 外国人が日本人との交流を希望している。

外国人コミュニティ
・韓国 教会を基点。「在日韓国人飲食店協会」「貴金属協会」などがある。
・中国 「全日本中華料理支援協会」があり。新華僑による「東京チャイナタウン構想」が池袋を拠点に計画がある。
・フランス「日仏家族」と「駐在員グループ」に大別される。「フランス人会」「レストランとパンの会」などの組織。
・フィリピン 教会が中心。
・ミャンマー ミャンマー料理店が拠点。年2回のまつり。

困っていること
・病院、学校での日本語。
・外国人の入居差別。
・学校の配布物にルビがほしい。
・難民認定が難しい。就職、健康保険などの権利を保障してほしい。
→外国人のこどもの教育支援をしているグループから日本語の習熟、受験のための勉強について大変苦労しているとの報告。

□今年度の多文化共生事業

・外国人日本生活スタート応援事業 7月に着手し、12月完成。
 ①新宿生活スタートブック②外国語新宿区マップ③情報提供の映像

・多文化共生防災
 緊急セイフティカードをリニューアルして増刷。
 防災訓練などのアイデアを募る。→防災訓練と無料健康診断をセットにして実施するという提案があった。→検討する。

・プラザ3周年記念の取り組み
 スポーツカフェを利用したイベントを計画。

以上

(文責:江原)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

在住外国人児童生徒のための教材開発から見える課題とその解決にむけて

Kyouzai1
東京外国語大学多言語・多文化教育研究センターでは、「在日ブラジル人児童むけ教材開発プロジェクト」を推進しています。本プロジェクトで開発した教材はウェブ上から無料でダウンロードできるようになっており、既に約11万件のダウンロードがあります。

今回のフォーラムでは教材開発プロジェクトを通じて見えてきた諸課題をテーマ別の分科会で議論し、各会から抽出された中心的課題を全体会で報告します。そしてその報告内容をふまえた上で更に議論を行うことにより、具体的な課題解決にむけての方策を探ります。

各分科会では参加者との質疑応答時間も十分に設けますので、日頃指導現場で悩みを抱えていらっしゃる方を始め、教育に携わる多くの方々の来場を心よりお待ち しております。

Kyouzai2

フォーラム
「在住外国人児童生徒のための教材開発から見える課題とその解決にむけて」

《日時》 2008年7月27日(日)10:00〜17:00(懇親会17:15〜18:30)
《場所》 東京外国語大学 府中キャンパス 
《参加費》無料  

《内容》
【問題提起】
   「教材開発および指導者育成のための地域協力体制をどう構築するか」
【分科会】
 1.「ブラジル人コミュニティとの教育における連携」
 2.「使ってください!領域別系統表―系統別に指導できるトゥカーノ算数教材を例に―」
 3.「分散地域における教材開発を含む教育支援システム構築に向けて」
 4.「集住地域における教材開発を含む教育支援システム構築に向けて」
【全体会】「現場から浮かび上がった諸課題をどう解決するか」
【懇親会】(希望者のみ、参加費1000円)
主催:東京外国語大学 多言語・多文化教育研究センター
協力:三井物産株式会社

◆スピーカーや時間などの詳細は以下をご覧下さい◆
http://www.tufs.ac.jp/blog/ts/g/cemmer/2008/05/post_31.html

◆申込方法◆
下記の申込みフォームURLからお申し込み下さい。
http://www.tufs.ac.jp/common/mlmc/form

FAXでの申込みを希望する場合は件名を「フォーラム参加希望」とした上で、お名前、ご所属、懇親会参加希望の有無をご記名の上センターまでお送り下さい。

FAX送付先 : 042-330-5448 多言語・多文化教育研究センター 教材開発係

問い合わせ:042-330-5455, kyouzai-forum2008@tufs.ac.jp

◎下記HPより在日ブラジル人児童のための教材をご利用頂けます。
http://www.tufs.ac.jp/common/mlmc/kyouzai/brazil/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

外国人のための高校進学相談会

Shingaku1日本では中学校を卒業したらどうするの?
どうしたら高校に通えるの?
いくらぐらいお金がかかるの?
…など、わからないことにお答えします。
みなさんと同じ外国人で高校に行った先輩の話も聞けます。
また、日本語の勉強や外国人の受験のサポートをする
「多文化共生センター東京」のスタッフなどに相談できます。


●日本の高校に入学するにはどうしたらいい?
●日本に来た子どもが学校に入るには、どこでどういう手続きが必要なの?
●どんな種類の高校があるの?
●知り合いの外国人の方にどうアドバイスしたらいい?
・・・など、高校進学について知りたい方や、外国人のサポートをしたい方 

Shingaku2


*まだ、高校へ行くかどうか決めていない方、
 今年はまだ受験ではない方なども、どうぞ来てください。
*お知り合いの外国人の方に、ぜひ教えてあげてください。


 
【日時】2008/6月22日(日)13:00~17:00(予定)    
【内容】★都立・私立高校の入試 ★中学校の先生の話 ★外国人で高校に行った生徒の話
    ★グループ相談  ★サポート団体の紹介 など
【会場】しんじゅく多文化共生プラザ(新宿区歌舞伎町2-44-1 ハイジア11F)  
【通訳】韓国語・中国語・英語・タイ語・タガログ後・スペイン語(予定)
              ほかの言語の方はお問い合せください。
【参加費】 200円(テキスト代 希望者のみ)                  
【協力】NPO多文化共生センター東京 、CCS、NPOみんなのおうち(子どもクラブ新宿)、ほか

主催:(財)新宿区生涯学習財団  共催:(財)新宿文化・国際交流財団
申し込み・問い合せ:事業一課(佐藤・石原・堀田)
Tel:(3232) 5121 Fax:(3209)1833
jigyou@regasu-shinjuku.or.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年8月 »