« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

 「おおくぼ学校」 10月の講座

 
『おおくぼの端っこ、隅っこ、見てみれば』
おおくぼ地域の周縁を見る。おおくぼ地域の周縁から見る。

 
 <第2回講座 Vol.39>おおくぼで生きる力
“国語”と“日本語”、学習の違いってなに?「日本語学習」の現場から。

  両親あるいは両親のいずれかの母語が日本語ではない親の子ども達への日本語と教科支援活動を、大久保児童館と榎町児童センターで夜支援活動を実施しています。現在43名の子ども達が通っています。活動は区との協働事業として実施していますが、来年度は予算などを含め縮小する方向にあります。

 
◇お話し:小林普子(こばやし ひろこ)さん
     NPOみんなのおうち
 
◇日 時:10月10日(金)18:30〜20:00
◇講座の会場:「大久保地域センター」 (新宿区大久保2-12-7) 3F A会議室
◇参加費:1000円
 *参加者定員20名(要予約)  運営の都合上、共住懇までご予約をお願い致します。 
   会場地図: 
http://www.city.shinjuku.tokyo.jp/map/ookubo_toyama.htm


メールkyojukon@ngy.3web.ne.jp
またはFAX/03-5348-2065 …共住懇事務局まで、お申し込みください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

   <第1回講座 Vol.38>まちの印刷屋さんと社会運動

3269_2
「おばちゃん」こと、関根 美子さんが、障がい者や、児童虐待など、さまざまな社会問題を訴えかける少部数の自主出版に取り組むまちの印刷屋さんの思いを語ってくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜市「南区外国人無料相談会」

Photo_3


○概要:専門家による外国人向け無料相談会(通訳付)を実施します。

○日程:2008年10月5日(日)13:00~16:00
    ※受付は15:30まで。

○会場: みなみ市民活動センター (南区浦舟町3-46)
○アクセス:市営地下鉄「阪東橋」駅(4番出口)徒歩5分
      京浜急行「黄金町」駅 徒歩10分
      市営バス68・102・158系統 バス停「浦舟町」 徒歩1分

○申込み方法:当日会場へ。先着順受付。

○費用:無料
Photo_4
○相談できる内容:
 在留資格、ビザ、国際結婚、法律、年金、社会保険、仕事・労働、教育・進学、経営、
 その他生活情報(日本語教室情報、ゴミの分別など)

○相談員:
 行政書士、弁護士、社会保険労務士、税理士、教育関係者、センター相談員など

○対応言語:英語・中国語・スペイン語・ポルトガル語・タイ語・タガログ語・韓国語           
 ※その他言語は事前に要問合せ。

○問い合わせ先:
(財)横浜市国際交流協会(YOKE)
 045-222-1209(外国語)
 045-222-1173(日本語)
・みなみ市民活動センター
  045-232-9544(当日問い合わせ先)

※予約不要。
※保育有。(対象:1歳~未就学児)
※来所者には5分間使える国際電話用カードをプレゼント。

○主催:横浜市南区役所
 企画・運営:(財)横浜市国際交流協会
 協賛:brastel
 協力:神奈川県横浜労働センター、(財)横浜市企業経営支援財団
 参加団体・機関:神奈川県行政書士会、横浜弁護士会、神奈川県社会保険労務士会、
       東京地方税理士会横浜南支部、多文化共生教育ネットワークかながわ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 おおくぼ錦眼鏡 --- おおくぼから世界が始まる

Sousyo1

[2008年4月/A5/113頁/頒価¥1,000+50]
 《おおくぼ学叢書1》 発行=共住懇

★共住懇主催による公開講座「おおくぼ学校」第1期の記録です。
 地域の課題を考えるとき、しだいにテーマは広範なものとなります。そこで、「新宿区大久保」という多面的な地域を俯瞰することを試みました。地域の視点に立って、外国人・路上生活者・夜間保育を通じてみえる地域福祉とまちづくりを考えます。タイトルの「錦眼鏡」はカレイドスコープの意味です。

新宿にある書店「模索舎」で、お取り扱いいただいています。
一般書店ではほとんど手にすることのできない、ミニコミ(自主流通出版物)・少流通出版物のための書店です。

[模索舎 新着入荷アイテム]  …で、検索できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 第6期「おおくぼ学校2008」 始まります!

 
『おおくぼの端っこ、隅っこ、見てみれば』
おおくぼ地域の周縁を見る。おおくぼ地域の周縁から見る。

 
共住懇の活動目的のひとつに「大久保・百人町のまちを知る」ことがあります。
「おおくぼ学校」は、より広くふかく「おおくぼコミュニティ」を追及する共住懇主催のオープンセミナーです。「おおくぼ学校」第6期は、『おおくぼの端っこ、隅っこ、見てみれば』と題して、まちの周縁を見る。まちの周縁から見る、という内容です。

 
 <第1回講座 Vol.38>まちの印刷屋さんと社会運動
 印刷表現という手段で、社会に対して異議申し立てを行なってきた「あらばきのおばちゃん」のまなざしは、いつも弱い対場にある人に向けられています。そして、面白いことが大好きです。おばちゃんが、ハートフル♡♥な「紙ばくだん」の作り方を指南します。

 
◇お話し:「おばちゃん」こと、関根 美子さん
 聞き手: 横山 順一さん
◇日 時:9月11日(木)18:30〜20:00
◇講座の会場:「大久保地域センター」 (新宿区大久保2-12-7) 3F B会議室
◇参加費:1000円
 *参加者定員20名(要予約)  運営の都合上、共住懇までご予約をお願い致します。 
   会場地図: 
http://www.city.shinjuku.tokyo.jp/map/ookubo_toyama.htm


メールkyojukon@ngy.3web.ne.jp
またはFAX/03-5348-2065 …共住懇事務局まで、お申し込みください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »