« 我が国の災害医療を考える | トップページ | 多文化学校第2期講座開講 »

ハワイと大久保

 きょうは、ハワイ大学に留学中で一時帰国しているCさんが事務所を訪れました。
「ハワイでは多文化政策というと、ハワイの原住民への対応を考えることなんです。」
「一部でハワイ文化の復権や評価もありますが、原住民への教育や生活支援は十分ではありません。」
…と、現地のお話しをしてくれました。そこに、学生会員のS君が合流。
若い研究者が、情報交換やあれこれ議論しているのは、そばで見ていて楽しいものです。
…て、おじさんは何者じゃ?! いま、コーヒー入れるから。。。

S君には大久保地域の古い住宅地図を探してもらうようにお願いしていました。
地域の変化を見るときに、まちの住宅地図は大きなヒントになります。

「これが1973年の地図の追加資料です。これで、いまの地図との比較ができますね。」
「ただ、ビルの各階の情報がわからないんです。」

73年頃、いまでは韓国人ビジネスの活発な職安通りは、まだ、用地買収中。
完全な道路ではありませんでした。
いまの歌舞伎町二丁目は、西大久保一丁目という住所でした。

「1963年の地図があるみたいだよ。こんどはそれを頼めるかな?」
「十年ごとの比較ができると思うけど。」
「わかりました。また探してきます。」

(や)

|

« 我が国の災害医療を考える | トップページ | 多文化学校第2期講座開講 »

日々の活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30704/24543919

この記事へのトラックバック一覧です: ハワイと大久保:

« 我が国の災害医療を考える | トップページ | 多文化学校第2期講座開講 »