« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

横浜市南区外国人のための行政書士相談・教育相談会

無料・通訳付き 秘密は守ります。

●日時:3月1日(日) 13:00-16:00(受付は15:30)
●場所:みなみ市民活動センター
    (南区浦舟町3-46 浦舟複合福祉施設10階)
●アクセス:「市営地下鉄「阪東橋」駅4番出口から徒歩5分」
      「京浜急行「黄金町」駅から徒歩10分」
      「市営バス68・102・158系統 「浦舟町」から徒歩1分」
●相談内容:在留資格、国際結婚・離婚、ビザ、教育・進学、
      その他の生活情報など
●相談員:行政書士、教育関係者、区役所職員など


※予約不要(南区在住・在勤・在学者は優先予約があります)

※保育があります。
(対象:1歳~未就学児。要予約。先着5名、2月20日迄:FAX 045-221-2210)

 日本に在住している外国人が抱えている問題は、年々複雑化・多様化しています。特に、VISA・在留資格の相談や、教育や進学の相談のニーズは高く、横浜市南区では在住外国人支援事業の一環として、行政書士・教育相談員による在住外国人のための無料相談会を実施します。この機会を、ぜひご活用ください。

主催:横浜市南区役所地域振興課
企画・運営:(財)横浜市国際交流協会
参加団体:横浜県行政書士会・多文化共生教育ネットワークかながわ(ME-net)

Photo

<問い合わせ先>
・横浜市国際交流協会
 045-222-1173(日本語)
045-222-1209(日本語・英語・中国語)
・みなみ市民活動センター 045-232-9544(当日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外国人向け「建築基準法!消防法!セミナー」

■タイトル:ビル、レストランの外国人オーナーさん、
      知って得する!知らなきゃ損!日本の建築基準法と消防法!?

■日時:2月28日(土)13:30~15:30
■場所:新宿区教育センター 5階 中研修室
    (新宿区大久保3-1-2 コズミックスポーツセンター)
■対象:新宿区で居住または就業する外国人 70名限定
■参加費:無料

■内容:日本に長く住んでいる外国人の多くは建築基準法も消防法も知らなくてもビジネスは可能です。しかし、そこには落とし穴があり、知らずにいると大損をしたり、もし逮捕され、懲役または禁錮の刑になれば本国に退去強制される可能性があります。

 8年前に歌舞伎町で起きた雑居ビル火災では44名の方が亡くなり、その建物のオーナーは業務上過失致死傷罪で禁錮3年、執行猶予5年の有罪判決を受けました。
 先日起きた大阪市の個室ビデオ店の火災では15名の犠牲者を出してしまいました。これから検証作業が行われますが、違法に改修されているのでビデオ店のオーナーは罰せられることになるでしょう。

 このようにビルのオーナーや店の責任者はある日突然逮捕されることもあります。
 消防法を正しく理解し、我が身の安全とお客様の安全をしっかり守りましょう。
 また、昨年6月に建築基準法の改正があり、建築行政が大きく変わりました。
「確認申請・検査の厳格化」によって、既に建っている建物の不動産価値も変わり、ビジネス上損失を招くケースもでてきました。
 日本で健全に事業を行うためにも、建築基準法をしっかり知っておきましょう。


■主催:共住懇
■共催:新宿区
■協力:在日本韓国人連合会
■窓口:共住懇・木の建築設計 江原 幸壱
  TEL03-5348-2060 FAX03-5348-2065

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »