« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

「OKUBOアジアの祭2010」特別企画


― 多文化で紡ぐ、いのちの環 ―
     OKUBOアジアの祭2010
日時:12月11日(土)13時~20時(12:30開場)

●特別企画【多文化防災イベント】16時~17時
Let's enjoy Festival! Let's learn Disaster prevention!!
地震、そのときどうする!? Q&Aパフォーマンス
(韓国・朝鮮語、中国語、ビルマ語、タガログ語、ベンガル語、日本語)
大地震に備える多民族トーク(中国、ビルマ、バングラデシュ、日本のみなさん)
阪神大震災記録映像の上映

●場所:R'sアートコート(労音大久保会館)
※JR山手線新大久保駅から徒歩8分
◎入場無料

詳しくは……
OKUBOアジアの祭運営委員会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おかげさまで6周年!


  12月4日 さらば戦争!映画祭 2010 

    http://www.eigasai-60.com


■2010年12月4日(土)10時〜20時 (開場9:40)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■プログラム 

  【第1部】
   10:05 『夕凪の街 桜の国』
   12:15 『太陽をなくした日』
   
   12:35 昼休(60分)

  【第2部】
   13:35 『クロッシング』
   15:45 『ロラたちに正義を(予告編)』
   16:05 竹見智恵子監督とロラの方々のトーク 

  【第3部】
   17:00 『フィリピンと日本を結ぶビデオメッセージ』
   17:35 Bridge For Peace代表・神 直子さんトーク
   18:15 『死んどるヒマはないー益永スミコ86歳』
   19:25 益永スミコさんトーク

 *プログラム等は予告なく変更することがございます。
   最新情報はブログにてご確認ください。

 *なお、当日の進行状況等によって若干の時間変更がある場合
   もございます。予めご了承ください。
   ご覧になりたい作品の開始に間に合うようお早めにお越し下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ■一日鑑賞券:2,000円(前売)/2,500円(当日)
    一部鑑賞券:1,000円(当日・前売)
    *本映画祭は、3部構成となっております。
一部鑑賞券は、1部、2部、3部のいずれか1つを鑑賞できます。
   *障がい者手帳提示で一日鑑賞券1,500円(付添い1人まで1,500円)
   *被爆者、中国残留邦人の方 当日申告一日鑑賞券1,500円

  ■会場 在日本韓国YMCA 9階国際ホール
    JR水道橋駅徒歩6分、御茶ノ水駅徒歩9分、地下鉄神保町駅徒歩7分
    (〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-5-5 電話 03-3233-0611)

  ■前売り券お申し込み
   TEL 03−5807−3101
   FAX 03−3834−2406 まで、
     (1)お名前
     (2)お電話番号
     (3)ご住所(チケット郵送先)
     (4)希望枚数
       をお知らせください。
   * メールの件名を「前売り券」として送信ください。
   * FAXにつきましても、最上部に「前売り券」と
     書き込んで送信ください。

   お問い合わせ:さらば戦争!映画祭実行委員会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「OKUBOアジアの祭2010」


皆さまへ
今年もやることに決めました。 - By おばちゃん

公式HPのアドレスです。
http://okubo-asia.jimdo.com/

趣意書、仮チラシ、挨拶文etc 載っていますので見てください。
リンク張っていいよという人、ご連絡ください。
広告協力、カンパ、当日スタッフ、ボランティア等もよろしくお願いします。
今回は初めて屋内でやります。もっとも12/11外じゃあとても無理だよね。

お忙しい時期ですが、ぜひ大久保に遊びにきてくださーい。
よろしくね。待ってますです。

風邪が流行っています。お身体大切にご活躍ください。

「OKUBOアジアの祭2010」趣意書
 「OKUBOアジアの祭」は、ことしで6回目になります。2004年から毎年、中秋の頃に開催し、アジア各国の芸能と料理をたのしみ、人と人の交流を深めてまいりました。ことしはちょっと遅めですが、12月に開く運びとなりましたのでご挨拶申し上げます。
 「祭」の目的は、例年どおり、「日本人も外国人もみんながが安心して暮らせる、多民族共住・多文化共存のまち(地域)づくり」にあります。「安心して暮らせるまち」をつくるには、芸能と食などによるコミュニケーションだけでなく、「多民族協働の防災活動」が必要だと考えます。(抜粋)

OKUBOアジアの祭運営委員会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »