« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »

異文化間教育学会 2010年度研修会のお知らせ


研修テーマ:マイノリティとしてのろう文化

趣旨:これまでも話題には上りながら、学会全体としては手つかずの課題であったことの一つに、ろう(者)のテーマがあります。このテーマを障害や福祉の問題として(だけ)ではなく、文化の問題として捉えられるのか、どのように捉えられるのかを勉強してみたいと考えます。「ろう文化宣言」を学びながら、自由に意見交換、議論をいたします。また、手話(言語、文化)を直接に学ぶ体験をしながら、少しだけ異文化間の相互理解を試みます。以上により、会員の皆さんが、このテーマに取り組むきっかけを提供できれば、との趣旨です。

日時:2011年2月5日(土) 13:00−16:00 (受け付け開始は12:30〜)
場所:東京外国語大学 本郷サテライト 5階セミナールーム
内容:
1.講議 「ろう文化」にふれる時 — 聞こえる人から見た異文化・自文化理解 
    澁谷智子 氏(東京大学/日本学術振興会特別研究員、当学会会員)
2.講議 「ろう文化」の内側から — ろうコミュニティから見た日本語・聴者
    森壮也 氏(JETROアジア経済研究所主任研究員)
    木村晴美 氏(国立障害者リハビリテーションセンター学院手話通訳学科教官)
3.手話指導 — ろうの手話教師によるナチュラル・アプローチでの指導

参加費:1,000円 当日お支払い下さい。
申し込み:異文化間教育学会事務局までお申し込み下さい。

  =講師の方々からのメッセージ=
 日本手話は日本語とは違う独立した言語――そう聞いて、驚く方も多いのではないでしょうか?今日の言語学の世界では、手話が音声言語とは別の文法を持つ言語であることは常識となりつつあり、東京大学文学部言語文化学科でも「日本手話」の授業が開講されています。しかし、一般社会では、手話は耳の聞こえない人(ろう者)のための、日本語を目で見えるように表しただけの代替コミュニケーション手段という誤った意識がまだまだ根強いと思います。
 ろう者を「耳の聞こえない人」と医学的な障害面からのみ見るのか、「日本手話を日常言語として用いる人」と文化・言語的側面から見るのかでは、聞こえる人と聞こえない人との関わり方はまったく違ってきます。文化・言語的側面から見るならば、聞こえる人も、音声言語に基づく「聴者文化(聴文化)」を身に付けた、「聴者」と相対化されます。
 マジョリティの聴者社会の中で生きるマイノリティであるろう者の多くは、手話と書記日本語の二つの言語をマスターせざるを得ないバイリンガルです。一方、ろう者から生まれる次の世代の子どもたちはその9割が聞こえると言われますが、この子どもたちは、移民の第二~第三世代のような言語状況に置かれます。つまり、親が手話言語の継承を重視している場合には、子どもは親やろう者コミュニティの人との会話は手話、学校教育や友達との会話などで使う言語は音声日本語、という状態になっていきます。
 今回のワークショップでは、手話という言語や、手話に基づいた視覚重視のろう文化という視点から、異文化間の問題を考えてみたいと思います。皆さま、どうぞ奮ってご参加下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国連普及啓発シンポジウム

「あと5年!! どうなるミレニアム開発目標
   〜世界から貧困をなくすために私たちができること〜」

ミレニアム達成期限まであと5年。国際社会が一致団結してアクションを起していくことが切実に求められる今、MDGsについての理解を深め、私たちそれぞれの立場から具体的にできることは何なのかを一緒に考え、話し合う場をここに持ちたいと思います。

日 時:2011年2月19日(土)13:30〜16:15 (開場 13時)
会 場:JICA地球ひろば 3階 講堂(渋谷区広尾4-2-24)

 基調講演
・ファシリテーター:勝間 靖 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授

パネリスト:池上 清子 国連人口基金東京事務所(UNFPA)所長 
        定松 栄一 「動く→動かす」運営委員、政策グループメンバー
       金子 健太  日本模擬国連2011年度代表
総合司会:池太 雄也 日本国際連合学生連盟理事長

参加費:無料
主 催:日本国際連合協会東京都本部

申し込み詳細は下記をご覧ください。
http://www.tokyo-icc.jp/symposium.html


◇同時開催「国際化市民フォーラム in TOKYO」 10:00〜16:00
http://www.tokyo-icc.jp/forum.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国際化市民フォーラム in TOKYO


開催日時  2011年2月19日(土)10:00〜16:00
開催場所  JICA地球ひろば(東京都渋谷区広尾4-2-24)
受 付  9:30から
定 員  各分科会 30〜70名

◇内 容
 <午前分科会>  10:00〜12:30
1.日本語が母語でない人に「わかる日本語」で情報を
2.ブータンから学ぶ幸せな地域づくり<企画:JICA地球ひろば>

 <午後分科会>  13:30〜16:00
3.地域における外国人親子の支援
4.「わかる日本語」のつくり方

申し込み詳細は下記をご覧ください。
http://www.tokyo-icc.jp/forum.html


◇同時開催「国連普及啓発シンポジウム」 13時30分〜16時15分
http://www.tokyo-icc.jp/symposium.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2.外国人に関する無料専門家相談会【要予約】

  ◇国際交流協会による法律と心理の相談会

あなたは外国人の知り合いや同僚から相談をうけたことがありませんか?
家族や友達など身近な外国人のことで心配していることはありませんか?
トラブルの相手が外国人ということはありませんか?

 外国人に関する問題を扱うときは、外国人にだけ適用される法律や文化の違いなど、特別な知識や配慮が必要な場合が多いのですが、これは以外と知られていないかもしれません。
 公益財団法人武蔵野市国際交流協会 (MIA)は、外国人相談事業で13年の実績があります。
秘密は守ります。質が高く敷居の低い相談会です。予約のうえ、お越しください。

日時:1月22日 (土) 午後4時30分〜5時30分
場所:武蔵野市境2−14−1スイング10階
  JR中央線武蔵境駅北口から歩いて1分

予約と問い合せ先:
公益財団法人 武蔵野市国際交流協会 (MIA)
電話 0422-56-2922

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1.外国人のための無料法律相談会

ビザ、結婚/離婚、仕事のトラブル、事故、保険・年金、心の健康などを、
弁護士、行政書士、社会保険労務士、労働相談員、心理カウンセラー
に相談できます。秘密は守ります。予約はいりません。

通訳:英語、中国語、韓国語、ロシア語、フィリピノ語、スペイン語、インドネシア語、
ドイツ語、アラビア語、タミル語、ヒンディ語、タイ語

日時:1月22日 (土) 午後5時30分〜7時30分
場所:武蔵野市境2−14−1スイング10階
  JR中央線武蔵境駅北口から歩いて1分

Free Professional Consultation Day
Legal problems such as visa, international marriage, divorce, etc.
Labor related problems and Mental concern. Confidentiality ensured.
No appointment required. Interpretation will be provided.
The languages covered include: English, Chinese, Spanish, Filipino, Indonesia, Hindi,
Tamil, Russian, Arabic, German, Korean, Thai, French, etc.
Specialists: Lawyer, Visa Specialist, Social Insurance Consultant, Counselor, etc.
Free of charge.

Day & Time:Jan. 22, Sat. 5:30p.m.-7:30 p.m.
Place:Swing building 10F.
One minute walk from North Exit of Musashisakai Station, JR Chuo Line.

問い合せ先:
公益財団法人 武蔵野市国際交流協会 (MIA)
電話 0422-56-2922

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »