« OKUBO最新号 | トップページ | 第2回ダイバーシティ勉強会 »

東日本大震災とおおくぼ

3月11日の地震は、都内でも交通機関が止まり多くの帰宅困難者が出るなど、少なからぬ被害がありました。マンション住まいの(や)は、問題無く帰宅できたものの、室内の散乱・破損物を片付けるのに3日くらいかかってしまいました。

ようやく14日午後に……
大久保で顔見知りの何人かにお声がけをしてきましたが、商店街は「特に被害なし」、平常通りで安心しました。韓人会でも事務所の方が「とくに問題はない」とのこと。階下の韓国料理店には、「帰宅支援中」の掲示がありました。この日、ルーテル教会はご不在でしたが、11日の夜は帰宅支援をしていたそうです。
地元の保育園では、区の指導で「計画停電対策中」。園長が「仕事が増えて、たいへん」と、笑っていました。

18日……
大久保通りは「臨時休業」「節電営業」のため、寂しい印象です。韓国料理店の多くが店を閉めていて「当分の間…」と張り紙を出していますが、どこまで回復するのでしょうか。韓国系の流通ルートも止まっているようで、連休中の集客も難しそうでした。韓国系事業だけでなく、コンビニやサービス業の担い手としての外国人従業員の帰国が始まっており、近隣の日本語学校の学生も多数帰国していました。
もし、多数の外国系事業所の廃業や転出があれば、不動産賃貸をはじめとして地域経済にも大きな痛手となるでしょう。

4月28日……
大久保界隈も賑わいが戻りつつあるようですが、コリアビジネスの新旧の交替も出ています。
職安通りでは80年代から開業していた老舗「韓国食堂」がコリアファッションの店に変わり、新しくK-POPライブハウス「聖地」が誕生しています。
大久保通りでは「百人町屋台村」が閉店しました。1993年頃オープンし、18年間にわたり、まちの歴史の一コマをつくってきた店でもありました。まもなくここには“おしゃれ系” コリアンレストランがオープンするようです。

5月20日現在……
天気もいいので平日だというのに大勢の人出があります。そして、21日は歩けないくらいの人の波です。「まちは元に戻った」というよりも、今まで以上の賑わいかもしれません。

(や)

|

« OKUBO最新号 | トップページ | 第2回ダイバーシティ勉強会 »

日々の活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30704/40112611

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災とおおくぼ:

« OKUBO最新号 | トップページ | 第2回ダイバーシティ勉強会 »