他の団体からのお知らせ

第2回ダイバーシティ勉強会

  ソウルと新宿の女性経営者から学ぶ
   〜多文化レストランと就労支援〜 

留学生や難民、外国からの結婚移民者など、都市には多種多様な人々が
暮らしています。様々な社会的少数者の仕事をつくり、地域社会とつなぐ場
として、地域の多文化なレストランは重要な役割を担ってきました。

今回は、ソウルと新宿の多文化なレストランで活躍する女性経営者のお話
を聞きながら、これからより社会的少数者の仕事づくりを広げるために何が
必要か、地域に暮らす私達に何ができるかを一緒に考えませんか?

【日 時】 2011年6月20日(月)13:30〜15:50 (13:00受付開始)
      (16:00〜 新宿・大久保まちあるき
       17:00〜 多文化フリースクール新宿訪問、
             懇親会〜19:00頃迄)
      ※まちあるきは任意参加です。

【場 所】 早稲田奉仕園内 日本キリスト教会館6階会議室
       東京都新宿区西早稲田2-3-1
       地図 http://www.hoshien.or.jp/map/map.html
【参加費】 1,000円
【お申込】<フォームでのお申込>
      https://ssl.form-mailer.jp/fms/95c58a87151568
   <メールでのお申し込み>
     メールタイトルを【6/20ダイバーシティ勉強会】とし
     お名前、ご所属、メールアドレス、電話番号(緊急連絡先)を記入
     tokyo@diversityjapan.jpまで、お申し込み下さい。

     本セミナーに関心をお持ちの理由(地域づくり、多文化共生等の
     活動をされている場合は併せてお書きください)


            ≪プログラム≫
■事例報告
 1.「結婚移民が働くカフェ・レストラン」
   イ・ジヘさん (Social Enterprise Organization yori 共同代表)

 2.「難民として暮らす・働く・支えあう」
   マリッブ・センブさん (「実の里」経営者)

■ディスカッション
   「多文化な地域で考える社会的少数者の仕事づくり」
   パネリスト :   イ・ジヘさん、 マリッブ・センブさん
   ファシリテーター: 広石拓司さん (株式会社エンパブリック代表取締役)

            ≪登壇者プロフィール≫ 
イ・ジヘさん
 Social enterprise Organization yori共同代表、
 韓国 梨花女子大学経営学科CEO 兼任教授。
 料理を通じて多文化を発信するレストラン、カフェをソウル市内で経営。
 レストランで働く結婚移民女性たちのために多文化託児施設を併設している。
 社会参加をめざす若者、結婚移民女性たちの就労トレーニングの場として、
 料理やバリスタのスキルを習得できるトレーニングをハジャセンター
(ソウル市内にある若者のための社会企業インキュベーション施設)にて実施。

マリッブ・センブさん
 「実の里」経営者。
 カチン難民。1992年に来日。在日韓国人の店主が経営する焼き肉店での
 修業を経て、西早稲田に焼き肉店「実の里(みのり)」を開店。
 多くのミャンマー人を雇用し、他店への就労を後押しするなど、職業訓練の
 機会を提供してきた。2011年4月に同じく西早稲田で2店目となるアジア
 料理店を出店。

 ※カチン難民
 軍事政権下にあるミャンマー連邦内の民族紛争が原因で、難民化し国外に
 いるカチン族。

お問合せ: 一般財団法人ダイバーシティ研究所(DECO)
        東京都新宿区西早稲田2-3-18アバコビル5階
        電話 03-3233-9540 メール tokyo@diversityjapan.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大久保アートプロジェクトに関わるイベント


1.多文化*大久保図書館写真展
〜大久保アートプロジェクトと子供たちの多文化共生〜

日時:2月16日(水)〜4月13日(水)※3月11日(金)から作品入替え。
会場:大久保図書館 内 新宿区大久保2−12−7
内容:子供たちの側からの多文化共生への発信。地域を歩いて
   “子供たちの好きな場所”を撮影した写真作品の展示。


2.多文化*大久保図書館上映会
〜大久保アートプロジェクトと子供たちの多文化共生〜

日時:3月26日(土) 午後3時〜5時
会場:大久保地域センター4F 新宿区大久保2−12−7
参加:当日、直接会場へ(先着100名)
内容:多文化につながる子供たちが、大久保地域を歩いて
   撮影したドキュメンタリーの上映会。

主催:NPOみんなのおうち   協力:大久保図書館
問い合せ:大久保図書館 TEL/03-3209-3812

【参照】http://np-okubojidoukan.artforia.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

異文化間教育学会 2010年度研修会のお知らせ


研修テーマ:マイノリティとしてのろう文化

趣旨:これまでも話題には上りながら、学会全体としては手つかずの課題であったことの一つに、ろう(者)のテーマがあります。このテーマを障害や福祉の問題として(だけ)ではなく、文化の問題として捉えられるのか、どのように捉えられるのかを勉強してみたいと考えます。「ろう文化宣言」を学びながら、自由に意見交換、議論をいたします。また、手話(言語、文化)を直接に学ぶ体験をしながら、少しだけ異文化間の相互理解を試みます。以上により、会員の皆さんが、このテーマに取り組むきっかけを提供できれば、との趣旨です。

日時:2011年2月5日(土) 13:00−16:00 (受け付け開始は12:30〜)
場所:東京外国語大学 本郷サテライト 5階セミナールーム
内容:
1.講議 「ろう文化」にふれる時 — 聞こえる人から見た異文化・自文化理解 
    澁谷智子 氏(東京大学/日本学術振興会特別研究員、当学会会員)
2.講議 「ろう文化」の内側から — ろうコミュニティから見た日本語・聴者
    森壮也 氏(JETROアジア経済研究所主任研究員)
    木村晴美 氏(国立障害者リハビリテーションセンター学院手話通訳学科教官)
3.手話指導 — ろうの手話教師によるナチュラル・アプローチでの指導

参加費:1,000円 当日お支払い下さい。
申し込み:異文化間教育学会事務局までお申し込み下さい。

  =講師の方々からのメッセージ=
 日本手話は日本語とは違う独立した言語――そう聞いて、驚く方も多いのではないでしょうか?今日の言語学の世界では、手話が音声言語とは別の文法を持つ言語であることは常識となりつつあり、東京大学文学部言語文化学科でも「日本手話」の授業が開講されています。しかし、一般社会では、手話は耳の聞こえない人(ろう者)のための、日本語を目で見えるように表しただけの代替コミュニケーション手段という誤った意識がまだまだ根強いと思います。
 ろう者を「耳の聞こえない人」と医学的な障害面からのみ見るのか、「日本手話を日常言語として用いる人」と文化・言語的側面から見るのかでは、聞こえる人と聞こえない人との関わり方はまったく違ってきます。文化・言語的側面から見るならば、聞こえる人も、音声言語に基づく「聴者文化(聴文化)」を身に付けた、「聴者」と相対化されます。
 マジョリティの聴者社会の中で生きるマイノリティであるろう者の多くは、手話と書記日本語の二つの言語をマスターせざるを得ないバイリンガルです。一方、ろう者から生まれる次の世代の子どもたちはその9割が聞こえると言われますが、この子どもたちは、移民の第二~第三世代のような言語状況に置かれます。つまり、親が手話言語の継承を重視している場合には、子どもは親やろう者コミュニティの人との会話は手話、学校教育や友達との会話などで使う言語は音声日本語、という状態になっていきます。
 今回のワークショップでは、手話という言語や、手話に基づいた視覚重視のろう文化という視点から、異文化間の問題を考えてみたいと思います。皆さま、どうぞ奮ってご参加下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国連普及啓発シンポジウム

「あと5年!! どうなるミレニアム開発目標
   〜世界から貧困をなくすために私たちができること〜」

ミレニアム達成期限まであと5年。国際社会が一致団結してアクションを起していくことが切実に求められる今、MDGsについての理解を深め、私たちそれぞれの立場から具体的にできることは何なのかを一緒に考え、話し合う場をここに持ちたいと思います。

日 時:2011年2月19日(土)13:30〜16:15 (開場 13時)
会 場:JICA地球ひろば 3階 講堂(渋谷区広尾4-2-24)

 基調講演
・ファシリテーター:勝間 靖 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授

パネリスト:池上 清子 国連人口基金東京事務所(UNFPA)所長 
        定松 栄一 「動く→動かす」運営委員、政策グループメンバー
       金子 健太  日本模擬国連2011年度代表
総合司会:池太 雄也 日本国際連合学生連盟理事長

参加費:無料
主 催:日本国際連合協会東京都本部

申し込み詳細は下記をご覧ください。
http://www.tokyo-icc.jp/symposium.html


◇同時開催「国際化市民フォーラム in TOKYO」 10:00〜16:00
http://www.tokyo-icc.jp/forum.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国際化市民フォーラム in TOKYO


開催日時  2011年2月19日(土)10:00〜16:00
開催場所  JICA地球ひろば(東京都渋谷区広尾4-2-24)
受 付  9:30から
定 員  各分科会 30〜70名

◇内 容
 <午前分科会>  10:00〜12:30
1.日本語が母語でない人に「わかる日本語」で情報を
2.ブータンから学ぶ幸せな地域づくり<企画:JICA地球ひろば>

 <午後分科会>  13:30〜16:00
3.地域における外国人親子の支援
4.「わかる日本語」のつくり方

申し込み詳細は下記をご覧ください。
http://www.tokyo-icc.jp/forum.html


◇同時開催「国連普及啓発シンポジウム」 13時30分〜16時15分
http://www.tokyo-icc.jp/symposium.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2.外国人に関する無料専門家相談会【要予約】

  ◇国際交流協会による法律と心理の相談会

あなたは外国人の知り合いや同僚から相談をうけたことがありませんか?
家族や友達など身近な外国人のことで心配していることはありませんか?
トラブルの相手が外国人ということはありませんか?

 外国人に関する問題を扱うときは、外国人にだけ適用される法律や文化の違いなど、特別な知識や配慮が必要な場合が多いのですが、これは以外と知られていないかもしれません。
 公益財団法人武蔵野市国際交流協会 (MIA)は、外国人相談事業で13年の実績があります。
秘密は守ります。質が高く敷居の低い相談会です。予約のうえ、お越しください。

日時:1月22日 (土) 午後4時30分〜5時30分
場所:武蔵野市境2−14−1スイング10階
  JR中央線武蔵境駅北口から歩いて1分

予約と問い合せ先:
公益財団法人 武蔵野市国際交流協会 (MIA)
電話 0422-56-2922

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1.外国人のための無料法律相談会

ビザ、結婚/離婚、仕事のトラブル、事故、保険・年金、心の健康などを、
弁護士、行政書士、社会保険労務士、労働相談員、心理カウンセラー
に相談できます。秘密は守ります。予約はいりません。

通訳:英語、中国語、韓国語、ロシア語、フィリピノ語、スペイン語、インドネシア語、
ドイツ語、アラビア語、タミル語、ヒンディ語、タイ語

日時:1月22日 (土) 午後5時30分〜7時30分
場所:武蔵野市境2−14−1スイング10階
  JR中央線武蔵境駅北口から歩いて1分

Free Professional Consultation Day
Legal problems such as visa, international marriage, divorce, etc.
Labor related problems and Mental concern. Confidentiality ensured.
No appointment required. Interpretation will be provided.
The languages covered include: English, Chinese, Spanish, Filipino, Indonesia, Hindi,
Tamil, Russian, Arabic, German, Korean, Thai, French, etc.
Specialists: Lawyer, Visa Specialist, Social Insurance Consultant, Counselor, etc.
Free of charge.

Day & Time:Jan. 22, Sat. 5:30p.m.-7:30 p.m.
Place:Swing building 10F.
One minute walk from North Exit of Musashisakai Station, JR Chuo Line.

問い合せ先:
公益財団法人 武蔵野市国際交流協会 (MIA)
電話 0422-56-2922

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こころスペース奏 主催 「こころサポートセミナー第7弾」

今、わたしができる被虐待児支援 ~こころに寄り添う関わりを学ぶ~

児童虐待に関するニュースが、連日流れるようになって久しくなりました。
本来、温かなまなざしで育まれるべきであるはずの子どものこころが、
何らかの事情で虐げられた結果、自分を好きになれず
愛される幸せを感じることがないまま成長していく人がいます。

虐待のメカニズム、虐待を受けた子どものこころをどう理解するか
共有できることと、マニュアル化されてはいけない丁寧な支援について
児童精神科医として多くの子ども達と関わってこられた田中哲先生を講師にお招きし、
皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

今あなたが差しのべる手の先に、救えるこころがあるかもしれません。

【日 程】:平成22年12月23日(木・祝)
【時 間】:9:00 ~ 11:30
【会 場】:国立オリンピック記念青少年総合センター
      センター棟 513教室
【定 員】:80名
【参加費】:事前申込 2,500円  当日申込 3,000円
【講 師】:田中 哲
       ※ 申込み締切:12月20日(月)

詳しくは…[こころスペース奏 イベント・セミナー情報]まで


◆◆申込み・問い合わせ先◆◆ こころスペース奏
TEL:03-3352-2213 FAX:03-3352-2214

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おかげさまで6周年!


  12月4日 さらば戦争!映画祭 2010 

    http://www.eigasai-60.com


■2010年12月4日(土)10時〜20時 (開場9:40)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■プログラム 

  【第1部】
   10:05 『夕凪の街 桜の国』
   12:15 『太陽をなくした日』
   
   12:35 昼休(60分)

  【第2部】
   13:35 『クロッシング』
   15:45 『ロラたちに正義を(予告編)』
   16:05 竹見智恵子監督とロラの方々のトーク 

  【第3部】
   17:00 『フィリピンと日本を結ぶビデオメッセージ』
   17:35 Bridge For Peace代表・神 直子さんトーク
   18:15 『死んどるヒマはないー益永スミコ86歳』
   19:25 益永スミコさんトーク

 *プログラム等は予告なく変更することがございます。
   最新情報はブログにてご確認ください。

 *なお、当日の進行状況等によって若干の時間変更がある場合
   もございます。予めご了承ください。
   ご覧になりたい作品の開始に間に合うようお早めにお越し下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ■一日鑑賞券:2,000円(前売)/2,500円(当日)
    一部鑑賞券:1,000円(当日・前売)
    *本映画祭は、3部構成となっております。
一部鑑賞券は、1部、2部、3部のいずれか1つを鑑賞できます。
   *障がい者手帳提示で一日鑑賞券1,500円(付添い1人まで1,500円)
   *被爆者、中国残留邦人の方 当日申告一日鑑賞券1,500円

  ■会場 在日本韓国YMCA 9階国際ホール
    JR水道橋駅徒歩6分、御茶ノ水駅徒歩9分、地下鉄神保町駅徒歩7分
    (〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-5-5 電話 03-3233-0611)

  ■前売り券お申し込み
   TEL 03−5807−3101
   FAX 03−3834−2406 まで、
     (1)お名前
     (2)お電話番号
     (3)ご住所(チケット郵送先)
     (4)希望枚数
       をお知らせください。
   * メールの件名を「前売り券」として送信ください。
   * FAXにつきましても、最上部に「前売り券」と
     書き込んで送信ください。

   お問い合わせ:さらば戦争!映画祭実行委員会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

APFS第16回アジアフェア日程変更


台風の影響により、日程が変更になりました。

日時:11月7日(日)11:00〜18:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)